コラム

コラム

デリヘルに注力している会社を選ぶべき理由

風俗業界への就職を考えた時、どの会社が良いのか迷うことがあるはずです。
ソープ・箱ヘル・デリヘル・ピンサロ等、各社、運営するジャンルも様々です。
その中で、デリヘルに注力している会社を選ぶべき理由について記していきます。
また、抑えるべきポイントやニュアンスに注意が必要なところは「デリヘルを運営している会社」ではなく「デリヘルに最注力している会社」ということです。

風俗業界には「許可」や「届け出」といった、警察からの承認が存在します。
当社の業態は「無店舗型」の届け出であり、俗に言う「デリバリーヘルス」に該当します。
また、無店舗型の風俗営業も、以前は「受付所」が有るもの(ホテヘル)と、無いもの(デリヘル)に分かれていました。
しかし、風営法の改正により、現在は新規で「受付所」を持って営業することはできません。
同じように、ソープランドのような個室を持った営業も新規で行うことはできません。
つまり、今後はデリバリーヘルスでしか風俗店の数を増やすことができないのです。
風俗業界を希望する求職者は、金銭面や役職(ポスト)を求める方が多いですが、業種がデリバリーヘルスでない限り役職ポストが新規で生まれることはまずありません。
さらに、役職ポストに期待する際、大手の風俗会社でも考慮しなくてはいけないことがあります。
それは、ホテヘルに基軸がある場合です。
「デリヘルも運営している」と言っても、デリヘルに最注力していなければフットワークは重くなることが通例です。
その為、デリヘル運営に特化して出店をしていくことが大前提の会社が、最も役職ポストを狙いやすく将来性も高い企業と言えるのです。

風俗の仕事内容に抱くイメージとは?

風俗業界未経験者が思い描く風俗の仕事内容とは、どのようなものでしょうか?
業界に入る前にどう思っていたのかを実際に入られた方々に聞いてみると、その大半が「漠然とだが、仕事内容は簡単そうだと思った。」という回答が多いです。
確かに、どのような仕事も一通りの事を覚えてしまえば簡単かもしれません。
しかし、業務内容はこちらでは記しきれないほど多岐にわたりますし複雑です。
「簡単そう。単純そう。自分ならすぐにできそう。」という安易な認識と「実際の業務量の多さや複雑さ」というギャップにやられてしまう方が後を絶ちません。
まさに、このギャップに落とし穴が存在しています。
もしも、上記のような認識ならば、その落とし穴にはまらない為にも考え方を一度リセットしてください。
そして、業務にあたる際は地道に一つずつ物事を処理していってください。
毎日の積み重ね、即ち経験した年数とは確実に力へと変わっていきます。
最後に、これから風俗業界に入られる方にはぜひ覚えておいていただきたいことがあります。

それは

・壁にぶつかっても絶対に諦めないこと
・不用意に先を急いだりしないこと
・目の前の物事を一つずつ丁寧に処理すること

—です。

これこそが、貴方が望むステージへ辿り着く為の近道であり、結果が必ず付いてくるところとなります。

働いている仲間はどのような人なのか?
風俗で働いている方はどのような人が多いのか、これから業界に踏み出す方々にとっては気になるところでしょう。
結論から言いますと会社によって様々です。
ナイトレジャー業界に根付く「グレーな印象」が、そのままかたちになったような会社も多数存在します。
当然、この場合は従業員もイメージそのままの方々となります。
逆に、一般企業と何も変わらない会社も存在します。
こればかりは面接に行ってみないことには判断しかねるところです。
参考の為にも、当サイト内の「風俗業界が未経験の方へ」を併せてご覧ください。
なお、当社に籍を置く従業員は全員まっとうかつ優秀な方々です。
業界に対して不安をお持ちの場合でも、当社の人間にお会いすれば、こちらのコラムでお伝えしたかったことをご理解いただけるはずです。
貴方の声がかたちになる会社です
当社は、会社の方針だけ、つまりトップダウンで全てが進むわけではありません。
もちろん会社組織ですので「軸」というものは存在しますが、あくまでも将来の会社を創り上げていくのは今働いている方々です。
規模拡大をしていく為にも、ビジネス的に価値ある内容は会社が各々の意思を尊重してきちんと吸い上げます。
例えば、新ブランドの具体的な提案や企画ができる方がいるとするならば、それをかたちにしていきます。
もちろん、成功者へはそれに見合ったポストや月給が用意されます。
貴方のやる気次第、考え方次第、発想次第で、次々に新しい価値が生まれていく会社です。
目の前にある仕事を生産性なく単純にこなしていくだけの面白みがない仕事・職場ではありません。
やりたいことがある場合は是非それも声にしてください。
風俗=高収入ではありません

風俗業界への志望動機として、非常に多く挙げられるものが「高収入」です。
もちろん、人それぞれ何に重点を置いているかの違いはあれど「高収入」に惹かれて風俗へ飛び込んで来る方は大勢います。
しかし、結論から申し上げると「風俗=高収入」は、絶対にあり得ません。
どの世界でも稼げる人間は一握りです。
それは風俗業界でも同じです。
ではなぜ「風俗=高収入」というイメージが根付いたのでしょうか。
長くなってしまいますので詳細は割愛しますが「日本特有の水商売文化からできあがったイメージ」と「初任給が高い」以外のなにものでもありません。
特に、現代では月給30万円あたりからスタートする風俗店が多いですが、どちらかの会社へ就職する際に、最初から30万円も貰えることはまずないでしょう。
結論は、ここに全て詰まっています。
そして、風俗業界経験者はお分かりのはずですが、実際に稼ぐことができる本当の年収はほとんど下記から外れません。


※店長=主任や、副店長=副主任など、職位としての呼び名は各会社により異なります。

【一般社員】
年収400万円以上であれば良い方

【副店長】

年収500万円以上であれば良い方

【店長】
年収600万円以上であれば良い方


上記をご覧になって、どう感じましたか?

店長の年収600万円は、世間ではまずまずの収入だと言えますが、これは高収入なのでしょうか?
金銭に対する価値観も人それぞれですので、あまり決めつけた言い方は避けたいところですが、当社は高収入とは考えません。
また、求職時には風俗業界が高収入だと感じたにもかかわらず、なぜ離職率が高いのでしょうか。
次項の【高収入と実際のギャップ】をご覧ください。

高収入と実際のギャップ

前項の【風俗=高収入ではありません】の、続きです。
「求職時は高収入だと感じたにもかかわらず、なぜ風俗業界は離職率が高いのか」という部分について、大半の答えが以下となります。

1.スタート月給である30万円からの昇給は役職がつかなければほどんどあり得ないこと
2.給与以外の賃金待遇が整っていないこと
3.大半の人が店長という役職を掴むことができないこと
4.前の「1・2・3」に付随して労働条件の悪さから先が見えなくなること

上記の1、2、3、4は、働く人々にとって非常にシビアな内容です。
また、風俗業界経験者は、この答えに少なからず共感ができるはずです。
一つずつ解説していきます。

《1.について》
まずは、これが風俗業界の当たり前ということを認識してください。
役職が付かなければ基本的には昇給しない、または、微々たる昇給が不定期にあるだけです。
しかし、こういった妙な当たり前に付いていけなくなるということは、ごく自然なことではないでしょうか。
いつまでも変わらないステージで戦い続けることは、夢も希望も無くしてしまうものです。
そして、この悪い風習を払拭するよう従業員の立場、また将来性を考慮して当社は動いています。
だからこそ、年功序列制度の一部である「1年毎に業務成績とは関係なく、在籍年数に応じた昇給」などを導入しています。
一つの事を長く続けられるということは紛れもなく能力です。
そこを大切にできないことが「離職率」に繋がっているということは事実です。

《2.について》 
給与以外の賃金待遇に関しても、求職者または従業員が求めた水準に達していないということが大多数です。
住宅手当や扶養手当だけでみても、年収にすれば数十万円以上も変わってしまいます。
その他、大入手当やインセンティブが見込めるのか見込めないのかでも、かなりの収入差になります。
こういったところがきちんと整っているのといないのでは、働いていく上でのモチベーションや安定感にも影響してきます。

《3.について》
多くの方が、まずは「店長」という役職に憧れて業界に訪れます。
こちらも、ごく自然なことでしょう。
一つの店舗を任せられること、そこに生まれるやりがいや責任、高い給与、その全てが魅力に溢れています。
しかし、落ち着いて考えれば分かることですが、店長とは「各店舗に一名」しか存在しません。
そのステージを勝ち取る為には「新規出店がありポストが生まれる」ことか「現職の店長と交代」することしか原則あり得ません。
新規出店については、勢いが無くなった会社、デリバリーヘルスというジャンルに最注力をしていない会社、ある程度規模が大きくなり落ち着いてしまった会社(これも勢いです)のいずれにも期待は見込めません。
また、現職の店長と交代ということについては、その店長が普通に働いているのであればまずないことでしょう。
つまり、選ぶ会社を間違えれば、その段階で望んだものは手に入りにくくなること、または貴方に相当な能力がなければ交代という選択肢も生まれないということです。
この現実を認識せず、夢と希望だけを抱いて業界に来られた方は、まず間違いなく離脱してしまいます。
まさに、表側から見ていた風景と現実とのギャップにやられてしまうのです。
こちらも、全国に出店をかけていくことと屋号数(ジャンル数)も拡大させることが今後も大前提なので解消されます。

《4.について》
離職の決め手となる、最後の要因がこちらです。
上記の「1、2、3」で、将来性を見失った中、追い打ちをかけるように4の内容が浮上してきます。
風俗という業界は、原則として一日12時間労働、週休一日制となります。
また、週休二日制と謳っていたとしても、裏表の実状があることは他でも記しました。
全社員がフラットに完全週休二日制という会社は、まだまだ少ないのです。
さらに、夏季休暇や冬期休暇など、世間一般的な連続休暇が無いことも通例としてあります。
またさらに、社会保険の完備やその他福利厚生が整っていないこともしばしばです。

「1」の、給与は上がりにくい。
「2」の、その他待遇が整っていない。
「3」の、ポストは掴めない。
「4」の、労働条件が悪い。

・・・もはや仕事を続ける意味すら見失うことは、ある意味当たり前となってしまいます。
風俗業界ではない一般の上場企業と何ら変わらない会社のかたちであることが、現代では求められています。
長きに渡って安定して働けること、また風俗業界という強みを活かした給与テーブルが存在することが最大の武器となっています。

ドライバー職をお探しの方へ

デリヘルドライバーの仕事をお探しの方も、ぜひ当社をご検討ください。
デリヘルというものは、内勤スタッフだけの力では上手く営業することができません。
ドライバーという職種は、かけがえのない存在です。
その為、当社ではドライバー職にも重きを置いています。

【時給の昇給について】
ドライバー職の時給は1,200円〜1,500円となり、50円単位で昇給していきます。
また、風俗業界では上記のような表記があったとしても実際には昇給しないということが多々ありますが、当社では毎月査定を行い昇給実施をしていきます。
そして、その査定内容も明確に規定しており、真面目に勤務していただくだけで毎月昇給するシステムとなります。

【シフトについて】
デリヘルドライバーの職歴がある方で、希望シフトとおりに勤務することができなかった経験はございませんか?
ドライバーさんからすると収入が安定しない為、こういったことは避けたいところです。
しかし、風俗業界では、なかなか望んだとおりにならないということが発生します。
そういった現状の中、当社は内勤スタッフだけでなく、働く全ての方々の収入について真剣に考えています。
その為、ドライバーさんから提出された希望シフトを削減することはいたしません。
ご希望の日時で働くことが可能です。

【全額日払い制について】
全額日払い制と謳っていても、実際は月に1回の銀行振込で対応するところも存在します。
また、給与の一部のみ、例えば日額3,000円までしか現金日払いは行わないというところも実在します。
当社は、当然ながら求人内容が実際のものとなりますので、ドライバー職の方々に関しては勤務終了後に即日現金で給与をお支払いいたします。

IT求人・専門職をお探しの方へ

風俗業界もITに特化した専門部署が必要な時代です。
当社は、本社管理部門のIT求人にて専門職(WEBディレクター・WEBデザイナー・フロントエンドエンジニア・HTMLコーダー・バックエンドエンジニア・プログラマー・SE・インフラエンジニア・フォトレタッチャー・WEBマーケティング職)を、募集しています。
各専門職が、それぞれの業務を分担し、様々なIT業務を行っていただきます。

・店舗やグループHP(WEBサイト)の制作・編集・運用業務
・SEOに関わる業務などのWEBマーケティング業務
・メルマガや顧客情報管理などのシステム開発・編集・運用業務
・その他、WEBに関わる専門業務など

上記以外にも、多岐に渡って専門職の力を必要としています。

是非、お持ちの知識や技術を当社で活かしてください。
また、給与や待遇などもIT業界の中では高い水準となります。
もちろん、スキルや貢献度においてさらに高い収入を得ることも可能です。
募集要項給与テーブルと合わせてご確認ください。

採用試験について

風俗業界へ就職する際も、当然にある「面接」
一昔前までは、私服で面接に行っても履歴書に書き漏れ等の不備があっても良しとされる世界でした。
しかし、現在は一般企業と何ら遜色ない会社が増えていることが実状です。
それは当社も然りです。
一企業としてまっとうにビジネスを行っている為、残念ですが一般常識が無い方とはご縁を持つことができません。
当社の面接にお越しの際は、以下の内容をお守りください。

・就職活動に相応しい身だしなみとしてください
・履歴書(顔写真添付)および職務経歴書は書き損じがないようにし、修正液等も使用しないようにしてください
・面接時間には遅れないようにしてください
・メモ帳および筆記用具をご持参ください

【採用試験内容】
当社の採用試験は「面接」および「筆記試験」となり、所要時間は約45分となります。
面接は、履歴書と職務経歴書をもとに進めさせていただき、筆記試験につきましては「一般教養・適性検査」を15分間にて行います。
現代のナイトレジャー業界において筆記試験を導入している会社はごく少数ですが、当社ではビジネスに必要な社会人としての知識や教養等があるかを筆記試験にて判断させていただきます。

求人応募とその後の流れ

ご応募についてと、その後の流れです。

【正社員】
営業部門スタッフ(店舗スタッフ)および管理部門スタッフ(ITスタッフ・本部スタッフ)の、ご応募から採用までの流れが以下となります。

《ご応募・一次選考》
「ご応募」のページより必要事項をご記入いただき、内容を送信してください。
こちらの応募フォームの内容をもって一次選考といたします。
※合否のご連絡は、3日以内にメールにてご連絡いたします。

《二次選考(最終選考)》
一次選考を通過された方には、面接・筆記試験へと進んでいただきます。
二次選考の所要時間は約45分となります。
※最終合否のご連絡は、3日以内にメールにてご連絡いたします。

【ドライバー】
ドライバー職の、ご応募から採用までの流れが下記となります。

《ご応募》
「ご応募」のページより必要事項をご記入いただき、内容を送信してください。
※面接日時のご連絡を、3日以内にメールにてご連絡いたします。

《面接選考》
面接の所要時間は約20分となります。
※合否のご連絡は、3日以内にメールにてご連絡いたします。