キャリアアップ制度

キャリアアップ制度は「在職年数」と「実績」の、2つを主たる軸としています。
風俗の求人サイトには「実績を正当に評価・明確な評価制度」などの文言が度々謳われていますが、実態は「不当かつ不明確」といったケースが多いです。
特に、風俗業界経験者は、痛いほどこの現実に直面してきたはずです。
当社は「規定したキャリアアップ制度を公開」することで、全社員が理解した上で業務にあたることができるように努めています。

在職年数による昇給制度

風俗業界ではまずあり得ない、年功序列制度の一部を導入しています。
また、ここで言う一部とは、賃金(給与)を指します。

給与テーブルでも提示している通り、正社員(幹部候補)の月給は300,000円〜となりますが、1年毎に業務成績とは関係なく5,000円〜10,000円の範囲内で昇給します。

一つの仕事に対して、腰を据えて働けることも能力です。
何事も「継続」できる人は、それだけでも評価に値します。
その為、在職年数による昇給制度を導入しています。

実績による昇格・昇給制度

年齢や経験等は一切関係せず、タスクをクリアして業績に結び付けた場合は昇格・昇給していきます。
ここまでは他と同一かもしれませんが、その内容が明確に違います。

例えば、予算タスクは現実的な数値の徹底を会社の義務とし、風俗業界において当たり前とされる「圧迫予算」を、存在させません。
仮に、本部から現場に課せた予算が妥当ではなく店舗より意見が上がった場合は、精査のうえで下方修正を行います。
そういったことにならない為にも、過去の数字実績や成長率、その時の状況等を複合的かつ適正に判断して妥当な予算設定をしていくのです。

当たり前のことを当たり前に行っていれば必ず達成される明確なタスクが公平なキャリアアップ制度を構築しています。

その他のキャリアパス

実績に基づき、現場(店舗)においては下記のようなキャリアアップ制度も存在しています。
組織図もご覧になりながらキャリアアップをイメージしてください。

1つは、以下のように自身が置かれている屋号(ブランド)にて、実績をつくり役職を上げていくことです。
【1店舗の責任者(店長)⇒複数店舗の責任者(統括店長)⇒該当屋号の総責任者(営業部長)⇒・・・】

2つは、ブランドマネージャーとして新屋号(新ブランド)の企画・立案をし、そのブランドを成長させていくことです。
コンセプトからブランドの細部までを勘案して新しいお店を作り上げます。
この場合は、そのブランドの責任者として役職を上げていき、活躍していただきます。

その他、専門的な能力が認められた場合かつ本人の希望がある場合は、現場(営業部)から本社(管理部)へのポストチェンジも行います。
例えば、WEBに関する特出した知識や技能があればネット事業部やシステム事業部へのポストチェンジを行うということです。
そこからもキャリアを積み、管理部にて役職を上げて活躍していくことも可能となります。

資格取得支援制度

業務にあたり有益な資格を取得する際の受験費用等を支給する制度があります。
特に、管理部の各部署に配属される社員は専門知識が必要とされる業務にあたります。
その為、本人からの希望がある場合は業務内容に該当する資格取得の支援を行っていきます。

自己申告制度

部門部署の異動を社員本人が人事部長に願い出る自己申告制度を取り入れています。
必ずしも希望が通るわけではありませんが「自分のキャリアは自分で切り開きたい」という方は当制度を存分に活用していただけます。
一つの部門部署でプロフェッショナルを目指すことも、自分自身で明確なビジョンを持って幅広い業務に携わっていくことも可能です。